PG2マリーンリッチの成分は?全成分の確認と効能!

PG2マリーンリッチ,全成分,成分

 

PG2マリーンリッチの成分と効果について見ていきたいと思います。

 

  • プロテオグリカン
  • プルラン
  • 卵殻膜

 

3つの”超高保湿成分”をバランスよく配合し、さらに60種類以上の美容成分を使った贅沢なオールインワンジェル。
プロテオグリカンや卵殻膜は、最近の化粧品ではよく聞く成分ですが、この3つを同時に配合したオールインワンというと、おそらく初ではないでしょうか。

 

オールインワンジェルである『PG2マリーンリッチ』には、60種類以上の豊富な美容成分が配合されています。
もちろん数を多くして薄めているわけではなく、美容成分98%というさすがの配合量となっています。

 

PG2マリーンリッチ 全成分

水、グリセリン、BG、グリセリルグルコシド、水溶性プロテオグリカン、加水分解チョウザメ卵巣膜エキス、加水分解卵殻膜、サクシノイルアテロコラーゲン、加水分解コラーゲン、プルラン、スクワラン、クリスマムマリチマムエキス、アラリアエスクレンタエキス、リモニウムゲルベリエキス、プランクトンエキス、タウリン、グリシン、リシンHCl、グルタミン酸、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、オランダガラシ葉エキス、ニンニク根エキス、ゴボウ根エキス、レモン果実エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、セージ葉エキス、サボンソウ葉エキス、ホップ球果エキス、セイヨウオトギリソウエキス、スギナエキス、ヒバマタエキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、クレマティス葉エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ベタイン、キサンタンガム、グルコシルヘスペリジン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、1,2-ヘキサンジオール、カルボマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化K、ラウリン酸ポリグリセリル-10、フィチン酸、酸化銀、ペンチレングリコール、フェルラ酸アルギニン

これらの成分を全部解説していたら日が暮れてしまうので、ここではPG2マリーンリッチの主成分である
・プルラン
・卵殻膜

 

について、それぞれ簡単に説明していきます。

 

プロテオグリカンについては、別の記事でさらに詳しく解説します。
・PG2マリーンリッチの”プロテオグリカン”とは?驚きの効果とは

 

PG2マリーンリッチ プルランとは

プロテオグリカンは人間の肌にも元々存在している保湿成分ですが、プルランはトウモロコシでんぷんなどを材料にして人工的に開発された高機能の保湿成分です。

 

保湿効果にすぐれている事から、さまざまな化粧品に保湿剤や感触改良剤として配合されています。

 

また、化粧品として配合されると、肌にフィルム状に密着する性質もあるため、皮膜形成効果も与えます。

 

プルランの化粧品としての効能
  • 肌表面に潤いの膜を形成する
  • 肌の乾燥を防止

 

PG2マリーンリッチに使われているプルランですが、日本でプルランを化粧品原料として供給しているのは株式会社林原。
林原は、餅や団子などの和菓子をはじめ、ケーキやパン、弁当類に至るまで、私たちの日常生活の中でごく当たり前のように使われている身近な糖質である「トレハロース」を開発した会社でもあります。

 

プルランも、化粧品だけでなく食品添加物として広く使用されており、高分子の水溶性多糖類で、皮膚刺激性はほとんどなく、重大なアレルギー(皮膚感作)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

 

参照HP:化粧品成分オンライン

 

PG2マリーンリッチ 卵殻膜とは

卵殻膜は、最近化粧品業界で注目されている成分です。

 

その名の通り、卵殻膜とはタマゴの殻の内側にある薄膜のことです。
ゆでたまごを剥くときにひっついてくる薄い膜のことですね。

 

卵殻膜の主成分はタンパク質で、二層の網目状構造をしています。
人間の肌や髪の毛に近いタンパク質の組成を持っていて、肌に貼り付けるとアミノ酸の作用によって肌細胞の増殖を促進すると言われています。

 

古くから、相撲部屋では稽古で出来た擦り傷に卵殻膜を貼り付けて治したそうです。

 

特に、卵殻膜には「シスチン」というアミノ酸が豊富に含まれています。
シスチンは体内では「L−システイン」に変化し、メラニン色素の発生を抑えてシミやそばかすを改善する働きがよく知られています。

 

卵殻膜の化粧品としての効能
  • 真皮層の線維芽細胞を増殖させる
  • 肌のコラーゲンやヒアルロン酸生産量を増やす
  • シミやそばかすを予防する

参照HP:キユーピーファインケミカル